読書

【ブックカバー】読書を楽しくさせるアイテムの紹介

2021年2月2日

  1. HOME >
  2. 読書 >

【ブックカバー】読書を楽しくさせるアイテムの紹介

2021年2月2日

 

どーも、すぐるです。

最近、自宅にいる時間が多くなり、できるだけ読書に力を入れるようになり、

使いはじめたブックカバーが気に入ったので紹介します。

こんな方におすすめ

  • よく読書をする方
  • 移動中やカフェで読書をする方
  • ちょっとしたプレゼントをしたい方
  • お洒落に読書をしたい方

ブックカバーを使いはじめた背景

最近のコロナ渦では、自宅にいる時間が増え、本を読むことに多くの時間を費やすことができるようになりました。

新書は購入時にその本屋の上のカバーをつけてもらったり、電子版を購入した際には特に必要ありませんが、

インターネットや古本屋で本を購入した時には、本にカバーがついておりません。

これから紹介するメリットを感じた上で、そこでこちらのブックカバーに出会い、使いはじめたところ気に入ったので紹介します。

 

ブックカバーを使用するメリット

 

使い回しやすい

以前はカバーを付けたいと思った時には、新書で購入した際につけてもらう紙のカバーを

いろいろな本に使い回していましたが、2、3冊使い回すとすぐにボロボロになってしまいました。

さらに若干のサイズの違いや、本の厚さが違うと折り目が変わってしまいダサくなってしまっていました。

しかし、このブックカバーは半永久的に使用可能となります。

唯一のデメリットでもお伝えしますが、大まかなサイズが合っていればどの本にも使用可能です。

折り目もつきませんし、見た目も変わりません。

その点では非常に使い回しやすいと感じています。

 

読んでいる本が外から分からない

今では自宅で読書する機会の方が多いですが、

昨年までは朝の出勤前・勤務後にカフェに寄ったり、スキマ時間、それから電車内で読書することが多くありました。

そのときに何の本を読んでいるのか周囲の人にあまり見られたくありませんでした。

もし、知っている人や、同じ会社の人、取引先の人がいたらと思うと、、、

あまりバレたくないという人は多いのではないでしょうか。

 

おしゃれ

デザインがおしゃれ・シンプル・高級感あり

前述のとおり、外出先で読書をする際には外見が気になりますが、

このブックカバーは、デザインはシンプルで非常に高級感があります。

これを使うだけで少し頭がよく見えるかもしれません。笑

本革を使っているので革製品が好きな方にもおすすめです。

デメリット

唯一のデメリットをお伝えしますと、サイズが合わない本だと使用することができません。

例えば、新書サイズ、文庫本サイズはそれぞれ別で用意する必要があります。

自分がよく読むサイズのものを探してみてください。

 

私の使い方

新書サイズ1つと文庫サイズ1つの合計2つを持っています。

新書サイズの方はもう2年弱使っていますが、壊れたり目立った劣化はしていません。

 

プレゼントにオススメ

シンプルなデザインで高級感もあるため、老若男女幅広い世代で使用できると思います。

値段も数百円のものからありますので、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれるのではと思います。

高いものだと1万円を超えるような相当高級なものもあるようです。笑

 

まとめ:読書が楽しくなる

ブックカバーを使用して読書をすることで読書が楽しくなることは間違いなしです。

これから本をたくさん読みたいと考えている方はぜひ使ってみてください。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

今回は以上となります。

ではまた。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

すぐる

25歳/都内IT企業勤務サラリーマン/大きな目標に向けて日々邁進中/月10冊読書継続中/当ブログを運営中/ブログ・インスタグラムでは主に本の紹介をしています/ぜひフォローお願いします。

-読書
-, , ,

Copyright© キャプテンすぐるの気まぐれブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.